睡眠無呼吸症候群・スマイルスリーパー

習慣的に「いびき」をかいている方は2000万人

横たわって寝ている人の舌現在、習慣的に「いびき」をかいている方は2000万人、睡眠時の呼吸の悩みを持つ方も200万人以上いるとみられており、その数はさらに増加していると考えられています。資料によりますと、実際に睡眠時無呼吸症に対応している病院数は、2006年に220医院でしたが、4年後の2010年には3.3倍の720医院へと増えています。しかしながら、現状ではそれに対応する医院数は未だ少なく、またCPAPのような不快感の強い治療を躊躇する患者も多くおられます。

気管拡張医療研究会は、主に歯科医院を対象として「いびき」等の対策を講じることができる製品を、グローバルな観点から厳選し推奨することで、呼吸系の悩みを持つ多くの患者様に、安眠と健康を取り戻していただくことを目標に活動するものです。

CPAP=(シーパップ)鼻に装着したマスクから空気を送り、一定の圧力を気道にかける方法

 

スマイルスリーパーロゴスマイルスリーパーTSDは、陰圧を利用して舌先端部を筒内に保持し、上気道を広げることができる気管拡張器具です。日本をはじめとする世界各国・地域にて特許を取得しています。

※ aveoTSD

(日本名スマイルスリーパーTSD)

機械器具52 医療用拡張器 一般医療器具 気管拡張器具 11263000

最新記事

  • ※ このセミナーは終了しました。現在、ご応募は受付けておりません ■セミナー内容■ 歯科医院で出来る「イビキ対策」セミナー イビキが引き起こす問題とは? 保険適用となる口腔内装置とは? ①イビキ、無呼吸の現状 ②イビキ、 …

    2016年2月~3月セミナー【終了しました】

 

 

 

 

 

 

 

訪問数 カウンター